HOME > コラム
コラム

コラム 銀ちゃんの『銀が一番』

あけましておめでとうございます。

お正月は如何でしたか?のんびりできましたか?私の年末年始は酒浸りで順調?

に送っておりましたが、ある1本の電話でお正月気分が吹っ飛びました。

その電話とは身内の体調不良を知らせるもので正月だから病院がお休みで助けて

もらえないかというものでした。色々考えて、日頃ゴルフでお世話になっているお医者様に相談して

翌日入院させることができました。

その後は体力の回復後、自宅から近い病院に転院させていただき、担当された先生や看護師さんを

見て大変な職業だな、これぞプロだなと感じました。それは先生からは出来る限り機会を設けて

いただき丁寧に病状と今後の治療について説明を受けました。看護師さんは私らが狼狽えていても、

テキパキと作業をこなし涼しい顔で患者さんに声を掛けておりました。

先日もそのことでお世話になった先生にお礼の電話を入れた際、看護師さんの仕事の大変さを改めて

認識したことを伝えたところ、かなりの重労働やお給料の問題から、折角資格を取ったのに辞めて

しまう方もおると聞かされ、またそのことを理解してくれたことを喜んでおられました。

 

果して我々記念品業界はどうでしょうか?資格は何もいりません。専門分野について勉強しなければ

命に関わる所に比べ、商品知識がまったくない営業の方をよく見掛けます。

基礎が大切で、記念品をどのように製作していて、この「記念品のセールスポイント」は何かを

予習していないと、主に必要だといわれる「単価」「納期」「品質」、この3つのうち「単価」だけに

特化され、その反対側にある「品質」に目をつむりがちなのが現状だと思われます。

確かに多くは「単価」を求めておられるように思いますが、全てではありません。「品質」を

最優先するお客様もおられます。

そのあたりでボタンの掛け違いが生じ、弊社にお話を頂戴することがございます。

弊社では上記3つの要素のどこに思い入れが強いかを、相手先様と確認をとりながら

対応させていただいております。

記念品とは誰かに自分の気持ちを伝える時、それを形にして、その場を演出する役目を

担っていると思います。我々はその想いが伝わるよう心をこめて製作させていただきます。

弊社では1つからオーダーメイドで記念品を製作させていただきますので、何か計画が

ございましたら遠慮なくご相談していただけますでしょうか。

今年もよろしくお願い致します。

                                                      過去のコラム

 

銀製品の修理や、オーダーメイド品の製作もいたします。お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP


TEL : 03-3873-0861 FAX : 03-3871-0198/お問い合わせフォーム 内藤銀器製作所 HOME よくあるご質問 特商法に基づく表記 会社案内 サイトマップ お問い合わせフォーム